タイトル
パネルディスカッション「コロナ禍におけるものづくりとデジタルトランスフォーメーション」
日付
水曜日, 4月 21, 2021
時間
12:25 午後 - 1:10 午後 (JST)
Yutaro Mishima 真一郎 河野 昌彦 久次 富夫 桔梗原
概要

製造業でもかねてから高い注目を集め、多くの企業で取り組まれているデジタルトランスフォーメーション(DX)。しかし、DX の取り組みが進む中、実際はそれにまつわる多くの課題が山積していることも様々な調査で浮き彫りになっています。また、コロナ禍は DX を大きく進めたようにも見られますが、リモートワークなどの表面的な対応が求められるのではなく、業務プロセスそのものの変革など、今後の予見できない大きな変化をも見据えた方向転換の「きっかけ」となったことに気づいた企業が多いのではないでしょうか。
多数の事業部門(カンパニー)の IT 基盤最適化に取り組まれる川崎重工業様における DX の実態、世界各国のものづくりを支援するアクセンチュア様の洞察・将来ビジョン、ソリューションベンダーとして多くのお客様の課題をお聞きするアラスジャパンの視点を交えながら、コロナ禍がモノづくりに与えた影響を踏まえ、DX 時代の製造業が進む方向性についてディスカッションしていただきます。(モデレーター:日経BP総合研究所)

トラック
ソートリーダーシップ